大切な人の遺品整理を行うときは|プロに依頼するとよい

墓地の種類

お墓

ご先祖様が眠る大切なお墓。お墓の墓石はどのくらいが適正なのでしょうか。実は墓石の価格にはいろいろな条件が重なることで変化してくるのです。墓石の価格に変化が生じる理由としては、まずお墓を建てる墓地の種類からも変わってきます。墓地の種類には、公営墓地、民間墓地、寺院墓地、共同墓地というものがあります。公営墓地とは、都道府県や市町村によって管理されている墓地のことです。一生お墓を保てることが約束されていますが、そこの権利を得るまでには、一般公募や抽選などで決めるため競争率が激しく、募集期間も決まっているため権利を取得するのは難しいと言われています。そのほか民間墓地は宗教団体や公益法人などが管理している墓地のことで、宗教の制限がなく自由です。駐車場や休憩所などの施設もとても整っています。申し込みの上限もないのでお墓を建てる権利を取得しやすいのがメリットとなっています。寺院墓地にお墓を建てる場合は、お寺の檀家になることが条件になります。そのため、お寺を支援するための寄付やお布施を払わなければいけません。またお寺の行事などにも参加してもらうこともあります。檀家になるには、住職の面接を受ける必要があります。いろいろ手間はかかりますが、お寺で法事などを行えるので便利な面もあります。こういったいろいろな墓地の種類から墓石の価格は変わってくるのです。

また、その墓地の広さからも墓石の価格は変化してきます。お墓に使う石の量などお墓の土台になる基本の大きさが広さが変わることで違ってきますので、広い墓地だとより高くなってしまうのです。そのため墓地が広いと使用する墓石の量も多くなりますので、墓地の広さも価格に反映する重要なポイントになります。