大切な人の遺品整理を行うときは|プロに依頼するとよい

人生の最期を良く過ごす

シニア

終活とは、近年新聞社が作った造語のことで、初めは葬儀やお墓などの人生の終わりに向けて準備のことでしたが、今では人生の残りの時間をどのように自分らしく生きれるか、自分自身をより良く見つめなおす活動のことをいうようになりました。自分の人生に残されている時間が少ないと感じた時、いかに自分らしく充実した人生が送ることができるかで変わってくるでしょう。では充実した終活を過ごすにはどのように行動したらいいのでしょうか。

最近の終活では、自身の葬儀やお墓の事前準備だけではなく、実際の葬儀の模擬体験ができたり、入館体験までできるところもあります。自分の葬儀を行なうときは実際どのような感じなのか擬似体験ができることによって、葬儀をどのように執り行いたいかビジョンが見えてくることでしょう。葬儀の擬似体験なんて暗い気持ちになって嫌だという人もいますが、生きているうちに入館体験や葬儀の模擬体験をすることで健康でいれることの大切さや生きていることのありがたさを直に感じることができ、貴重な経験ができるのです。自分がいなくなったあとのことを模擬的に経験することができるなんてめったにないことですので、機会があればぜひ一度は経験してみるといいでしょう。最近の世の中では、家族などに看取られることもなく1人で亡くなってしまう孤独死というのも少なくないですので、自分の死について自分で考えておかなければならない時代なのです。自分の最期をよいものにするためにも終活というものを事前に行っておくことが大事になってきているのです。終活をどう過ごすかによって自分の人生を見つめなおすいい機会となるでしょう。